女性の発毛について

はじめまして

女性の発毛について

私は40歳の会社員です。
仕事は本当に忙しく日々ストレスを感じていましたが、

女性では初の責任者として日々頑張っていました。

 

しかし、ある日異変に気づいたのです。円形脱毛症を発症していました。

このころは業務も変わり無理をしていたときでした。
脱毛症の他にも湿疹が頭皮にでき、体も非常にきつい感じでした。

 

 

その後1ヶ月後、湿疹が体中におこり、業務が出来ない状態に陥りました。上司に相談し、約2週間の休暇を頂き、皮膚科の治療を開始しました。様々な治療をしましたが、効果が全く無い状態でした。病院では内服、付け薬、冷凍療法などです。

通院しながらインターネットや書籍を取り揃え、発毛に関する勉強を開始しました。その中でサプリメントを使い発毛を促進する画期的な方法に出会い衝撃を受けました。これはIGF-1という物質を増やすやり方です。通院を止めサプリメント治療に切り替える事にしました。

 

半年を過ぎた辺りでしょうか?なんとなく髪の毛が増えていえる感じがしました。

それからもサプリメントを飲み続け、翌年にはほとんどの髪の毛が生え揃ったのです。

 

病院も薬も駄目だったのが、健康食品のサプリメントだけでなったのです。
もちろんそこまでには、運動と食事の管理も徹底しておこなっています。

 

ただ唯一いえることは、「決して諦めない」と言う事です。

絶対元の髪の毛になってみせるると思い続けることが重要なのです。これを読んでいる方も気持ちを強く持って闘ってください!


これから少しづつ、情報を提供していきたいと思います。

 

女性の発毛に関する悩み

女性の発毛について

女性だからといって発毛で悩んだりしないといことはありません。

発毛は、むしろ男性より重要な問題なのです。

 

髪の毛は昔から「女の命」と言われる様に女性にとっては命そのもの。

まさしく「美の象徴」なです。


しかし近年では、女性の男性性脱毛、産後のホルモンバランスの崩れ、または女性の社会進出によるストレスから発毛に悩みを持つ女性が増えてきました。

男性に限らず女性も発毛の問題を解決することはたやすい事ではありません。

しかし、方法が無い訳ではないのです。

 

発毛を解決する手段として、生活習慣の改善、食事、運動、マッサージ、育毛剤、サプリメントのような手段を効果的に取り入れれば、時間はかかりますが発毛の問題は改善されていきます。

 

なにより大事になってくるのが「身体」です。

 

高価な薬、育毛剤、食材を使っても体が肥満の状態やダイエットのし過ぎで栄養不足の状態では全く無意味になります。

健康な体作りから発毛環境が整っていきます。

若い女性特有の発毛問題

女性の発毛について

ダイエットと発毛

女性とくに20代、30代の方でも抜け毛に悩まされている人が増えています。
ホルモンバランスの崩れは産後やストレスが原因でなる場合が多いですが、若い人では圧倒的に無理なダイエットが原因になります。


女性ホルモンは卵巣で作られる2種類のホルモンのことで、女性の体は、妊娠と出産のために体をそのため変化させねばなりません。その2つのホルモンが、エストロゲンプロゲステロンといわれるホルモンです。エストロゲンは自律神経に大きく関わっています。


食事制限によるダイエットはこのエストロゲンの分泌を狂わせ、自律神経を狂わせるのです。

この狂いが血行を悪くし、ダイエットによる栄養不足と重なり、ヘアサイクルが乱れていきます。

 

ヘアカラーやパーマ

女性は皆さんおしゃれが大好きですね!ヘアカラーやパーマもそのうちの1つですね。

しかし、過度のヘアカラーやパーマは髪の毛自体ではなく頭皮まで傷つけたりします


洗髪の洗い残しなどの原因もヘアカラー、パーマ同様ヘアサイクルの乱れを引き起こします。
ヘアカラーやパーマは出来ればやらないほうが発毛には良いです。しかしどうしてもやりたい場合は半年ほど間を空けることをオススメします。

「かつら」について

女性の発毛について

「かつら」は必要か?と問われたときに私は迷わず、「必要」と答えます。それは、「かつら」女性にとっても男性にとっても最後のよりどころとなるからです。

 

髪に悩みを持つ人は、ほとんどと言っていい程、マイナス思考が強くなります。
長年、育毛剤、皮膚科の治療を続けたとしても、全く効果が無い人が少なからずいます。

 

男性なら、腹をくくり、ありのままを受け入れる事ができるかもしれません。しかし、女性なら話は別です。髪は女の命の言葉どおり、毛髪の無いことを受け入れる女性はほとんどいないでしょう。

 

発毛に悩む人が全て健康とも限りません。重度の病に冒されているために、髪の毛が全く生えてこない人、生まれつき疾患を抱えている人、こういった人達にとって「かつら」は無くてはなりません。

 

以前、SNSの投稿に、自分の髪の毛を寄付した男の子の記事を読んだ事があります。彼は女の子と間違われる位、髪を伸ばしました。その期間は2年。その間周囲からいじめにあったにも関わらず、病気で苦しむ人の助けになればと、自分の髪を伸ばし続けました。
その髪を使用し、「かつら」にし、寄付したそうです。

 

「かつら」はこの世になくてはならない物の一つです。